令和2年7月豪雨災害で車が水没被害に遭われた方へ

2020/07/15 ブログ

令和2年年7月豪雨災害で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

大希望な洪水により

家屋への浸水被害とともに

大切なお車が冠水、水没されてしまい

復旧作業をするにも

車が無くてお困りの方も多いのではないでしょうか。

冠水や水没してしまった車が

水が引いても

冠水前の状態で走行できる可能性はとても低いです。

最近の車は電子制御されているので

電化製品と同じで水にはとても弱いのです。

自動車の任意保険に加入されている場合で、車両保険にも入っていれば、タイヤの半分以上冠水した場合、車両は全損扱いとなり

車両保険金額に応じた保険金が支払われるので、次の車の購入資金になります。

車両保険をかけていなかった場合は、自費で別の車を購入することになりますが

豪雨被害が車だけでなく、お住まいに及んでいる場合は車よりも居住の方にお金をかける必要があるかも知れません。

自動車の購入には

まとまったお金がなくても

ローンで購入することもかのうなので

地元の自動車販売店に、ご相談されると良いでしょう。

もし仮にその際、ローン審査が通らないと

必需品である車を手に入れることができなくなってしまうので

自動車ローン審査が取らなくても

ご利用できる自動車自社ローン専門店のカーマッチギフグループにお電話いただければと思います。